【2022年最新】おすすめのオフィスチェアをまとめてみた!

オフィスチェア おすすめ

「機能性が優れたオフィスチェアが欲しい!」

そう思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために今回の記事では、おすすめのオフィスチェアやオフィスチェアの選び方などを解説していきます!

是非参考にしてください!

この記事でわかること

・おすすめのオフィスチェアの選び方

・おすすめのオフィスチェアブランド

・おすすめのオフィスチェア7選!

今回紹介するおすすめのオフィスチェア一覧!

まずは今回紹介するオフィスチェア・ゲーミングチェアの一覧を載せておきます。

それぞれの商品の特徴などは下の方で解説しているので是非参考にしてみてください!

商品名 おすすめ度
Natural Edge ハイエンドゲーミングチェア ★★★★★
Zenosyne premium ゲーミングチェア ★★★★★
オカムラ シルフィー ★★★★★
ハーマンミラー セイルチェア ★★★★★
エルゴヒューマン オットマン EHP-CPL ★★★★
コクヨ ING(イング) ★★★★
AKRacing premium ★★★★
オカムラ Contessa Ⅱ(コンテッサセコンダ) ★★★★
イトーキ サリダ YL9G ★★★
DXRacer Air Pro ★★★

おすすめのオフィスチェアの選び方

まずは、オフィスチェアはどうやって選べば良いのかわからないという人のために、オフィスチェアの選び方のポイントを解説していきます。

メーカーで選ぶ

まず大事なのは、メーカーで選ぶという事です。

信頼できるメーカーであれば、品質も安定していて、購入後のサポートも手厚いので安心して購入する事が出来ます。

私がおすすめするのは日本に本社を置く企業の商品です。

日本企業のものであれば、日本人の体格に合わせて設計されているので快適に座る事が出来ます。

また、日本の企業はカスタマーサポートなども手厚いので気持ちよく買い物することができるのでおすすめです。

とは言っても、海外のオフィスチェアブランドでも有名で信頼できるメーカーはあるので、しっかり海外のオフィスチェアブランドもチェックしておくと失敗はしにくくなります。

有名なメーカーであれば、素材などにもしっかりと気を遣っているので耐久性なども期待できます。

長く安心して使いたいという方は信頼できるメーカーからオフィスチェアを選ぶようにしましょう。

素材で選ぶ

素材で選ぶのも重要な要素です。オフィスチェアには基本的に「メッシュ」「ウレタン」「PUレザー」が使われています。それぞれに特徴があるので解説していきます。

メッシュ

オフィスチェア おすすめ引用:https://okahata.co.jp/

メッシュ素材はオフィスチェアで最も一般的な素材になっています。

素材の表面に穴がたくさん開いているのが特徴で、通気性が抜群の素材になっています。

長時間座っても蒸れる事がないので安心して座る事が出来ますね。

また、夏場でも蒸れる事がないので暑いのが苦手という方におすすめの素材となっています。

デメリットとしてはメッシュ素材のスキマにホコリや髪の毛などのゴミが溜まりやすいという点です。

定期的な手入れが必要になってくるので、手入れが面倒という方はあまり向いていないかもしれません。

こちらの記事では、メッシュ素材についてもっと詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

【通気性ばつぐん】メッシュのゲーミングチェアおすすめランキング10選!

ウレタン

ウレタンもオフィスチェアでよく使われている素材になっています。クッション性があり、座り心地が良いのが特徴です。

メッシュほど通気性は良くありませんが、座り心地を求めている方にはおすすめの素材です。

似たような素材でモールドウレタンという素材を使っているオフィスチェアもあります。

モールドウレタンは型崩れしにくく、長く使う事ができるというメリットがあります。

しかし、ウレタンよりは座面が硬めで座り心地はあまり良いとは言えません。少し硬めの座面が好きという方にはおすすめの素材となっています。

PUレザー

オフィスチェア おすすめ引用:https://shop16.efrdfsd.ru/

PUレザーはオフィスチェアではあまり見かけませんが、ゲーミングチェアなどによく使われている素材になっています。

高級感があるのが特徴で、劣化にも強いので長く使用する事が出来ます。

また、適度な反発力があるので座っているときに体重を分散してくれる効果があります。

負担が一点に集中しないので腰痛持ちの方にもおすすめで長時間座っていられる素材です。

通気性は他の素材に比べるとあまり良くはありませんが、それ以外の部分では長時間座るということに特化した素材なのでテレワークの方におすすめの素材となっています。

こちらの記事ではレザー素材のオフィスチェアについてもっと詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

背もたれの大きさで選ぶ

オフィスチェアには大きく分けて「ローバック」「ミドルバック」「ハイバック」の三種類の背もたれのタイプがあります。一つずつ解説していきます。

ローバック

オフィスチェア おすすめ引用:https://www.amazon.co.jp/

ローバックタイプのオフィスチェアはその名の通り背もたれが低いオフィスチェアのことを指します。コンパクトで部屋の空間を圧迫しないので配置しやすい椅子になっています。

しかし、背中や頭のサポートは一切ないので長時間座って作業するという方にはおすすめしません。

ミドルバック

オフィスチェア おすすめ引用:https://shopping.yahoo.co.jp/

ミドルバックはローバックとハイバックの中間のサイズになります。オフィスチェアは基本的にミドルバックのタイプが多いですね。

ミドルバックのオフィスチェアは、背もたれが肩甲骨の辺りまできているので長時間座っていても姿勢が崩れにくくなります。

また、ミドルバックのオフィスチェアには長時間座り続けることができるようにアームレスト(肘置き)が搭載されているものがあります。

アームレストがあることで、腕を机の上に楽に置くことができるので肩こりの予防をすることができます。

あまりスペースを取りたくないけど、しっかりとしたオフィスチェアを使用したいという方におすすめのオフィスチェアとなります。

ハイバック

オフィスチェア おすすめ引用:https://my-best.com/

ハイバックは、背もたれが頭部まできていてオフィスチェアの中では、1番大きなサイズの背もたれ形状になります。

ハイバックのオフィスチェアは、背もたれが頭部までしっかりとサポートしてくれることで、身体を背もたれが包み込み正しい姿勢をキープしやすくなります。

また、背もたれが頭部まできていることで長時間座っている合間に頭部を背もたれに預けることができるので、首こりを予防することができます。

頭部は、身体の中で1番重たい部位と言われており、その重さは体重の約1割ほどにもなると言われています。

そのため、長時間下を向きっぱなしの姿勢などが続いてしまうと、首の力のみで頭部を支えなければならずかなりの負担をかけてしまいます。

ハイバックのオフィスチェアは、そういったことから身体への負担を軽減してくれるので長時間オフィスチェアに座る方には、ハイバックのオフィスチェアはおすすめです。

機能性で選ぶ

機能性もかなり重要な要素の一つとも言えるでしょう。椅子の機能はいろいろありますが、特に重要なのが「リクライニング機能」「可動式アームレスト」「ランバーサポート」の三つです。

それぞれの機能について解説していきます。

リクライニング機能

リクライニング機能は背もたれが後ろに倒れる機能のことです。長時間の作業で疲れているときにちょっと休憩したいと思ったことはありませんか?

リクライニング機能が優れていれば、その場で休憩することも可能です。また、ハイバックのものであれば、その場で仮眠を取ったりすることもできるのでしっかりリクライニング機能の有無を確認しておきましょう。

可動式アームレスト

アームレストとは腕を置くパーツのことです。高性能なオフィスチェアであれば、アームレストの位置を調節する事ができるので体格に関係なく快適に座る事が出来ます。

また、可動式アームレストの中にもいろいろ種類があり、1方向にしか調節できないものから、3~4方向に調節する事ができる優れたものもあります。

腕への負担を最小限に抑えたいという方は、アームレストを多くの方向に動かすことのできるものを選ぶことで、腕への負担を最小限にすることができるため、機能性をしっかりと確認しておきましょう。

ランバーサポート

ランバーサポートは腰回りのサポートをしてくれるパーツのことです。オフィスチェアの場合は背もたれの外側についている事が多く、そのパーツを調節することで背もたれに曲線をつけてくれます。

背もたれがカーブを描くことで、丸まった背中が押し出されるので猫背を解消する事が出来ます。また、猫背から引き起こされる腰痛などの症状も改善・予防ができるので重要なパーツになっています。

腰痛の症状に悩んでいる方や腰痛を予防したいという方はオフィスチェアのランバーサポートの有無や機能性をしっかりと確認しておきましょう。

おすすめのオフィスチェアブランド

ここからは素晴らしい商品を展開しているおすすめのオフィスチェア・ゲーミングチェアのブランドを紹介していきます!

Natural Edge

引用:https://naturaledge.jp

Natural Edgeは、日本に本社を置いているゲーミングチェアブランドです。

コスパの優れた商品を展開しており、今かなり勢いのあるブランドとなっています。

日本に本社を置いているので購入後のサポートも安心して受ける事ができます。

かなり信頼できるブランドなので迷ったらNatural Edgeのゲーミングチェアを購入することをおすすめします。

エルゴヒューマン

引用:https://www.ergohuman.jp

エルゴヒューマンは、台湾に本社を置くオフィスチェアブランドです。

世界的にもかなり人気のブランドで、オフィスチェアとしてだけではなく、幅広い環境で使われています。

機能性も抜群で、座り心地が良いオフィスチェアを展開しているので、おすすめのブランドとなっています。

紹介するオフィスチェアの評価のポイント!

これからおすすめのオフィスチェアを紹介していきますが、その前に評価のポイントを解説していきます。

これから解説するポイントに沿って、オフィスチェアをランキング付けしたのでぜひ参考にしてください!

長時間座っても疲れない

まず、オフィスチェアとしてとても重要な「疲れにくさ」を重視しました。

オフィスチェアというのはかなり長い時間座ることもあるので、ここがしっかりしていないと、高い評価は得られません。

疲れにくさをどこで判断しているかというと、主に機能性の部分です。

リクライニングや可動式アームレストなどの機能がしっかり備わっていることで、ユーザーの疲労を軽減することができるので、かなり大事な要素だと言えます。

もちろん、座り心地の面も重視しています。

クッションに何の素材が使われているかをチェックした上で、腰回りの負担を軽減できるかということも判断しているので、ぜひ参考にしてください!

耐久性が優れていて長く使える

どれだけ使い心地が良くてもすぐに壊れてしまったら、もったいないですよね。

そこで、今回は耐久性も評価のポイントとして重要視しています。

骨組みの丈夫さだけでなく、クッションのヘタレにくさなどもしっかりチェックして厳選しました。

デザイン性が優れている

デザイン性に関しても個人的にはオフィスチェアを選ぶ上で大事な要素だと思っています。

いくら優れている椅子でも、デザインがダサかったらあまりモチベーションが上がらないですよね。

椅子自体のデザインも、ユーザーの使用感を左右する大事な要素なので、このランキングではそこもしっかりとチェックしています。

これらの評価のポイントを基準に厳選したオフィスチェアをここからは紹介しているのでぜひ参考にしてください!

自宅での仕事をより快適に!おすすめのオフィスチェア7選!

上記でお伝えしたポイントを押さえながらオフィスチェアを選ぶことで、失敗しにくいオフィスチェア選びができるようになります。

下記では、先ほどお伝えしたポイントを押さえながら選んだ、評価の高いオフィスチェアの紹介をしているので、ぜひ参考にしてみてください。

Natural Edge ハイエンドゲーミングチェア

オフィスチェア おすすめ

メーカー Natural Edge
素材 PUレザー
リクライニング 180°
アームレスト 上下・左右・前後・回転

まずご紹介するのはNatural Edgeから販売されているハイエンドゲーミングチェアです。

Natural Edgeは、2022年からゲーミングチェアの販売を開始した国内ブランドになります。

そして現在販売されているNatural Edgeハイエンドゲーミングチェアは黒をベースとしているのでゲーミングチェア特有の派手すぎるデザインを感じることがなく、落ち着きのあるデザインとなっています。

表面素材には、PUレザーが使用されており高級感のある見た目になっているので、テレワーク用の椅子としてだけではなくオフィスチェアとしても使用することができます。

また、Natural Edgeハイエンドゲーミングチェアはゲーミングチェアとなっているので、高級オフィスチェアと比べると価格は安くなっており、機能性の良い椅子になっています。

機能に関しては「180°リクライニング」「4Dアームレスト」「ヘッドレスト・ランバーサポート」「ロッキング」といった豊富な機能が搭載されています。

この豊富な機能により長時間座っていても疲れにくく快適に座り続けることができるようになっています。

\送料無料キャンペーン中/オフィスチェア おすすめ

Zenosyne  premium ゲーミングチェア

オフィスチェア おすすめ

メーカー Zenosyne
素材 ファブリック
リクライニング 180°
アームレスト 上下・左右・前後・回転

次にご紹介するのはゲーミングチェアではありますが、最初にご紹介したNatural Edgeハイエンドゲーミングチェアと基本的な仕様は同じで高性能なゲーミングチェアなります。

違う点は表面の素材がファブリック素材になっているため、PUレザーのゲーミングチェアよりも通気性が良くなっており、長時間座っていても蒸れにくくなっています。

そのため、オフィスチェアとして使用することで長時間作業に集中することができるようになり、腰痛の緩和や予防を行うことができます。

また、デザインもグレーをベースとしたシンプルなカラーになっているので、オフィスで使用しても浮くことがなく座り続けることが可能となります。

価格もオフィスチェアと比較すると安く購入することができるので、予算をあまりかけたくないけど快適性と機能性にはこだわりたいという方には、おすすめできるゲーミングチェアです。

オフィスチェア おすすめ

オカムラ シルフィー

オフィスチェア おすすめ

メーカー オカムラ
素材 メッシュ
リクライニング 前傾 10° 後傾 23°
アームレスト 上下・前後・回転

オカムラから販売されているシルフィーは、昔からオフィスワークを行なってきた方に愛されているオフィスチェアになります。

幅広いカラーバリエーションと快適に座り続けることができる機能が豊富に搭載されているのが愛されている理由とも言えます。

オカムラのシルフィーには根強いファンもおり、シルフィー以外のオフィスチェアの購入をしないという方も多くいます。

シルフィーに搭載されている機能としては「バックカーブアジャスト」「シンクロリクライニング」「3Dアームレスト」などが搭載されているので、快適に座り続けることができます。

機能の中でもバックカーブアジャストはかなり特徴的な機能となっており、座る人の体格に合わせ背もたれの形状を簡単に調節することができるようになっています。

これによって、どんな体格の方が座っても身体をしっかりサポートすることができるので、腰痛や肩こりの予防を行うことができます。

背もたれの形状はレバー1本で簡単に調節することができるようになっているので、家族で使用したいといった方などにもおすすめできるオフィスチェアとなっています。

また、シルフィーはローバック・ミドルバック・ハイバックと3種類準備されているので、好みの背もたれの形状を選ぶことができるのも高く評価できるポイントだと思います。

価格は高級オフィスチェアの中では、安めに設定されているので高級オフィスチェアが欲しいけど予算を抑えたいという方にはおすすめです。

オフィスチェア おすすめ

ハーマンミラー セイルチェア

オフィスチェア おすすめ

メーカー ハーマンミラー
素材 メッシュ
リクライニング 2段階
アームレスト 上下・左右・前後・回転

ハーマンミラー社が販売を行なっているセイルチェアもかなりおすすめできるオフィスチェアです。

ハーマンミラー社といえば、世界的に有名なアーロンチェアを販売している海外メーカーで高品質なオフィスチェアを数多く販売しています。

販売されているオフィスチェアの中でも、今回ご紹介するセイルチェアはかなり高機能なオフィスチェアとなります。

セイルチェアはどういったオフィスチェアなのかというと、アーロンチェアの機能が搭載されて価格が安くなったオフィスチェアです。

アーロンチェアの新品を購入しようと思うと、30万円ほどかかってしまいますがセイルチェアの場合は、かなり価格を抑えて販売されているので予算を抑えたい方にはおすすめのオフィスチェアと言えます。

また、セイルチェアには12年間の長期保証がついているので長く同じオフィスチェアに座っていきたいと考えている方にはぜひ使用してほしいオフィスチェアとなっています。

国内でも人気のあるオフィスチェアなので、長時間椅子に座り続ける方は一度検討してみてください。

オフィスチェア おすすめ

エルゴヒューマン オットマン EHP-CPL

オフィスチェア おすすめ

メーカー ハーマンミラー
素材 メッシュ
リクライニング 24.9°
アームレスト 上下・左右・前後・回転

エルゴヒューマンから販売されているEHP-CPLも長時間椅子に座り続ける方には、おすすめのオフィスチェアです。

EHP-CPLにはオフィスチェアの中では珍しいオットマンが搭載されています。

長時間椅子に座り続けていると身体をあまり動かすことはなく、足は地面についたままの状態で長く過ごすことになります。

長時間足を地面につけたままの状態で座り続けると、膝裏をクッションが圧迫してしまい膝から下への血流の流れが悪くなってしまいます。

血流の流れが悪くなってしまうと男性は気にする方は少ないとお思いますが、足がむくんでしまう原因となります。

しかし、オットマンを使用して適度に足を伸ばしながら作業することで血流の循環の滞りを解消することができるので、足がむくむことなく作業することができます。

また、EHP-CPLには長時間快適に座り続けることができるように多くの機能が搭載されているので、オットマンと組み合わせることで普段使用しているオフィスチェアよりも快適に座り続けることができるでしょう。

オフィスチェア おすすめ

コクヨ ING(イング)

オフィスチェア おすすめ

メーカー コクヨ
素材 メッシュ
リクライニング 24.9°
アームレスト 上下・左右・前後・回転

コクヨから販売されているINGはオフィスチェア業界の中でも、真新しい設計をしているオフィスチェアになります。

INGは他のオフィスチェアとは違い使用者の身体の動きに合わせて座面が360°自由に動くようになっています。

座面が360°身体の動きに合わせて自由自在に動くことで、運動不足になりがちなオフィスワーカーでも作業をしながらカロリーを消費することができます。

座って作業していれば痩せることのできる椅子になっているので、近年注目が高まってきているオフィスチェアになります。

コクヨのINGに座ってデスクワークを行うと、4時間ほど座ることでウォーキング1.5km歩くのと同じくらいのカロリーを消費することができるので、運動が苦手だけどぽっこりお腹が気になる方などにはかなりおすすめできるオフィスチェアなのではないでしょうか。

また、座面が360°自由自在に動くことでどんな体勢になっても身体をしっかりとサポートしてくれるので、長時間の着座姿勢からくる腰痛を軽減したり解消したりすることができます。

コクヨのINGはまだシリーズ1作目のオフィスチェアなので、2作目・3作目になるにつれて今以上に座り心地などは良くなると思います。それまで待って購入するのもありかもしれませんね。

オフィスチェア おすすめ

AKRacing premium

オフィスチェア おすすめ

メーカー AKRacing
素材 PUレザー
リクライニング 180°
アームレスト 上下・左右・前後・回転

AKRacingから販売されているpremiumもオフィスチェアとしておすすめできるゲーミングチェアになります。

AKRacingはゲーミングチェア業界の中では、1位2位を争うほどの大手のゲーミングチェアメーカーとなっており、高級感のある見た目と多くの機能が搭載されているのが特徴になります。

AKRacingが販売しているゲーミングチェアの中でも、premiumは最上位モデルとなっており最近では、社長椅子としても使用されているゲーミングチェアになります。

premiumには他のゲーミングチェアにはあまり搭載されていない座面チルトという機能が搭載されており、この機能を活用することで座面を後方に傾けたまま固定することができます。

座面を後方に傾けたまま固定することで、背もたれを常に使いながら作業することができるようになります。

背もたれを常に使いながら作業することで、着座姿勢に置いて理想の姿勢で座ることができ、身体への負担を大幅に軽減することができます。

premiumはゲーミングチェアの中でもかなり高く値段設定がされていますが、機能性などが優れているのでオフィスチェアとして使用しても快適に座ることができると思います。

オフィスチェア おすすめ

 オカムラ Contessa Ⅱ(コンテッサセコンダ)

オフィスチェア おすすめ

メーカー オカムラ
素材 メッシュ
リクライニング 116°
アームレスト 上下・左右・前後・回転

またしてもオカムラから販売されているオフィスチェアのご紹介にはなりますが、Contessa IIもオフィスチェアをの購入を検討するなら一度確認しておきたいオフィスチェアになります。

Contessa IIはオカムラから販売されているオフィスチェアの最上位モデルとなっています。

Contessa IIのヘッドレストはかなり大きめのものが搭載されているため、オフィスチェアに長時間座って作業する方の首を負荷から守ってくれます

ほかにもアームレストは4Dアームレストになっていることで、適切な位置にアームレストを調整することができ、使用者の腕への負荷を軽減してくれます。

また、腰への負担を軽減するクッションのランバーサポートが、背もたれの外側についていることで腰にクッションがあるのが苦手という方でも快適に使用することができます。

ランバーサポートは外側についていますが、腰にかかる負担もしっかりと軽減してくれるので腰痛になりにくい姿勢での作業をすることができるようになります。

価格はかなり高いオフィスチェアになるので予算に余裕のある方は一度確認してみてください。

オフィスチェア おすすめ

イトーキ サリダ YL9G

オフィスチェア おすすめ

メーカー イトーキ
素材 メッシュ
リクライニング 4段階
アームレスト 上下・前後・回転

予算を抑えながら機能性の良いオフィスチェアの購入をしたいという方には、イトーキが販売しているサリダYL9Gがおすすめです。

これまで、高級オフィスチェアやゲーミングチェアの紹介をしてきましたが、サリダYL9Gも長時間快適に座ることができるオフィスチェアになります。

イトーキは長年オフィスワーカーに寄り添うような製品の販売を行なっている家具メーカーの老舗で、オフィスに自然と合うデザインのオフィスチェアを多く販売しています。

そんな家具メーカーの老舗から販売されているサリダYL9Gは、オフィスチェアとしてではなくゲーミングチェアとして販売されているので、機能性などはオフィスチェアよりもゲーミングチェアに近い機能が搭載されています。

そのため、オフィスチェアよりも背もたれを深く倒すことができるようになっていたり、デザインに強調性のある赤が採用されています。

また、サリダYL9Gにはオフィスチェアの機能も搭載されていて、座面を前後にスライドすることができるようになっています。

座面を前後にスライドすることができることで、普段椅子に浅く座る癖のある方でも背もたれを活用することができるので、ラクに正しい姿勢を保つことができるようになります。

サリダYL9Gは予算を抑えながら機能性を重視したい方にはおすすめのオフィスチェアになるので、興味がある方は一度確認してみてください。

オフィスチェア おすすめ

DXRacer AIR Pro

オフィスチェア おすすめ

メーカー DXRacer
素材 メッシュ
リクライニング 4段階
アームレスト 上下・前後・回転

最後にご紹介するのは、AKRacingとゲーミングチェア業界で1位2位を争っているDXRacerのAir Proです。

AKRacingが国内で人気ナンバー1なのに対し、DXRacerは海外ですごく人気のあるゲーミングチェアブランドになります。

海外のプロなどもDXRacerを愛用しているので、それだけでも品質が高いことがわかるのではないでしょうか。

そんな大手ゲーミングチェアメーカーから販売されているAir Proは、ゲーミングチェア業界の中でも最先端技術のフルエアメッシュ加工が施されており、ゲーミングチェアのほとんどがメッシュの素材になっています。

それにより、ゲーミングチェアやオフィスチェアと比べてもダントツで通気性が優れているので、長時間着座していると蒸れてしまうといった方にはおすすめのオフィスチェアです。

Air Proは座り心地を良くするために座面にスプリングサスペンションが搭載されているため、長時間座っていてもお尻が痛くなりにくくなっています。

しかし、スプリングサスペンションはウレタンよりも硬く座り心地は劣ってしまうので、そこは妥協が必要な部分になります。

長時間座っても蒸れることなく快適に座り続けたいという方には、Air Proはおすすめです。

オフィスチェア おすすめ

まとめ

今回は、おすすめのオフィスチェアをご紹介しました。

長時間座り続ける椅子を適当に選んでしまうと、負荷から十分に身体を守ることができずに腰痛や肩こり、首こりを引き起こしてしまう原因となってしまいます。

そうならないために、オフィスチェアの購入をするときは今回お伝えしたことを再度見返しながら選んでみてください。

また、オフィスチェアとしてゲーミングチェアの購入も視野に入れて探してみると、求めている機能性や価格帯で良い椅子を購入することができるかもしれません。

こちらの記事では、おすすめのゲーミングチェアのご紹介をしているので、よければこちらも見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。